« 電脳コイル』とユビキタス・レムナント時代 | トップページ | コモディティの訳語について »

地球温暖化のこと

 地球温暖化のことがとても心配です。最近では、北極の氷がICPPの予想より40年も早く融解していることが分ったようです。つまり、北極の氷の温度が予想よりも暖かかったということなのでしょう。

 北極は地球の大気と海水を冷やすという役割を担っている器官です。海水温上昇を緩和する器官が不全化すれば、かなり迅速に海水温に影響を与えるでしょう。

 地球温暖化の話を聞くたびに思うのは、太陽光と地球の間の熱収支の話ばかりで、地球のもつ熱量のほとんどを占める、深部地中の熱放出について言及されているのを聞いたことがないので、まさか考慮すらされていないのではないかと戦々恐々としています。

 そもそも、海水温は海底地下のマグマなどの熱によって大きく左右されるもので、またマグマなどの噴出孔の規模も、海水温によって固まったり解けたりといった影響を受けるわけで、温度上昇も温度低下も加速度的性質を持つだろうということは、普通に考えて予想できるわけです。海水の対流は、基本的に極地方から冷水が流れ落ち、海底火山から湧き上るという流れの力によって起こるものです。極地方の氷温度や、海底温度が上昇すれば数年以内に海流全域で蒸散による熱放出量が増加することでしょう。大気の湿度は上昇し、かつ地球全体で気圧も上昇するでしょう。すると、よく知られているように、台風の増加や、不安定大気といった現象が起こるわけです。

 でも、もっと気になるのは、海水の地球温度恒常性保持機能の一つ、二酸化炭素吸収機能です。もともと、人間の排出する二酸化炭素は海水がほとんどを吸収し、その時間内で吸収し切れなかった量の二酸化炭素が大気中に残存して、通常言われる地球温暖化の原因となります。しかし、大気で保温能力を有する二酸化炭素が、海水に溶けたからといって保温能力をなくすでしょうか?二酸化炭素の飽和状態とは無関係に、溶解分も、海水温上昇という形で、温暖化に影響を及ぼし続けるわけです。最終的に、排出された二酸化炭素が地球温暖化に対し最小力となるのは、メタンハイドレートの形になってからです。

 海中の二酸化炭素は海中のバイオマスの大部分を占める微生物に取り込まれ、屍骸となり、海底に沈滞することで、メタンに変わり、メタンはハイドレート化して海底の冷温部分で保管されます。珊瑚による石灰化や、地上植物によるはセルロース化は地球全体では、二酸化炭素収支のそのごく一部です。しかし、極から産出される0度以下の冷水の海流全域への供給量が減少すれば、メタンの海水への溶融量が増加し海水温の加速度的上昇を招くことになりかねません。しかも、そのメタンと二酸化炭素の濃溶液は地球深部の熱を吸収し続けるわけです。その熱はまた、地球の歴史を通じて蓄積されてきたメタンハイドレートを溶出させるエネルギーになっていくわけです。

 それとは別に、温度が上昇しているのは、大気と海水だけなのかということも心配です。地球の質量の大部分は、大気でも海水でもなくマントルと核です。そこでは、ただでさえとてつもない量の熱が、重力と膨大な量の超臨界状態の水などに封じ込められています。温暖化の本丸は、地球深部にいる。そう考えると、クトゥルフ神話の登場人物になったような気分です。

仙術超攻殻オリオン (Comicborne) Book 仙術超攻殻オリオン (Comicborne)

著者:士郎 正宗
販売元:青心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

地球生命圏―ガイアの科学 Book 地球生命圏―ガイアの科学

著者:ジム・ラヴロック,J. Lovelock,星川 淳
販売元:工作舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 電脳コイル』とユビキタス・レムナント時代 | トップページ | コモディティの訳語について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188424/7594595

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化のこと:

« 電脳コイル』とユビキタス・レムナント時代 | トップページ | コモディティの訳語について »