« 妣が国の破れた扉・符合の魔術師のはじまり | トップページ | 倹約はエコじゃない »

義捐金について

 畏友の文化人類学者に聞いた話ですが、もともと、義援金という言葉は、義捐金と書いたそうです。義援金という言葉には、「義によって援けるお金」の意味が混入してしまう。それは、「義理の手助け」の意味になり、字義の中に傲慢さの印象を持ち込むし、手助けならば礼儀として断るべきものという意味を帯びてしまう。本来の表記である義捐金という言葉は、「義によって手放した(捐てた)お金」を意味するので、受け取る側は受け取らなければ義を無駄にした形になるので、送る方は貰ってもらわねば困る、受け手は、受け取らねばならないから受け取るという形になるので、礼にに適った遠慮してはならないものとしてお金を受け取ることができるのだそうです。だから、正しく義捐金と書くべきなのだとおっしゃっていました。

 岩波の講座宗教6に収録された平等原理の現在という論考に、バングラデシュのフォキール/フォキルニへのザカート(喜捨)に関する習慣が記されています。フォキール/フォキルニ(男性/女性)とは、言ってみればイスラム版民間宗教者です。ムスリムはその戒律から、収入のうちの数パーセントを必ず、経済的に貧しい人、寡婦、孤児に寄付しなければなりません。そこで、受け取りを担うのがフォキール/フォキルニです。この宗教者は、障害などを抱えていたり、一人身で高齢の親を抱えていたりして、なおかつ近所の家庭、村なども手助けが出来いないようなときに、地域で協議してフォキールになってもらい、喜捨で生活するようになります。

 フォキールはいわば出家修行者兼喜捨すべき人なので、ムスリムはフォキールに喜捨を貰ってもらわないと困るわけで、フォキールは比較的高いを地位を占めています。喜捨の額が多いことはステータスだからということもあり、富裕な人々の祝いの席などに呼ばれ、もてなしをうけます。そして、フォキールは施しを受けて感謝するのではなく、逆に貰ってもらわないと困るお金を受け取ってもらうので感謝される存在として扱われます。一方、フォキルニは、そのまがい物という差別待遇ではあるものの、生きていくのに最低限度のお米やお金を得ることが出来ます。彼ら/彼女らが一軒当たりからうけとる喜捨は、ほんの米ひと握り、十数粒ほどですが、一日中近隣の村を回ると、それでも、その日の家族の食事としては飢えない程度の量に(平均すれば)なるそうです。また、このフォキール/フォキルニには週の曜日ごとに回る地域がバラけていて、ひとつの地域に同じ日フォキール/フォキルニが集中しないように慣習が出来ています。

 こうした習慣の結果、バングラデシュは二十年前世界最貧国といわれながら、インドなどに比べ遥かに餓死者が少ないというセーフティネットを持つことが出来ていました。これはいわば、義援金ではない義捐金習慣の賜物で、「義捐金」、「制度・習慣的に貰ってもらわねば困るお金」のあり方の例の一つだと思います。

 翻って、日本仏教の葬式のお布施です。およそ、仏教の堕落だと指摘されることの多いこの習慣ですが、一方で死者に対してできるのは盛大に葬式を上げることしか出来ないという遺族の気持ちの引き受け先でもあることによって、良心あるお坊さんたちも受け取りを止めないという面もあります。かわりに、NGOに寄付すればよいではないかという意見もあります(私は割りと賛成です)。しかし、それでは死者に対して何かするのではなく、死者にする代わりに誰かにするというイメージが強くなります。ベストな方策としては、お坊さんが集めたお金をNGOに寄付するというのがよいでしょう。元来、大乗仏教のお布施は出家在家を問わず、放棄(喜捨)の修行のためにすることであって、信徒がお坊さんにするものという見方は片手落ちなのです。こうしたお寺からの再寄付の運動は、一部にはありますが、お寺の世界は現在、超格差社会で、お布施も都心などに一極集中のため、ほとんどのお寺では後継者になる子供を育てると、もう余裕がなくなり中々出来ません。(上納金もあり)寄付金も小額になります。それでも、こうした「義捐金」によって、コンビニよりも多いというお寺の経営が(ほとんどが兼業お坊さんながら)継続されています。

 こうした、義捐(ポトラッチとは少し違うかも)の習慣は近代国家の法的強制から独立したものとしての、重要かつ貴重な経済圏を作り上げます。そして、多大な富を求めないならば、いまや旧来の宗教者に代わって、新たな希望を齎すものとなりつつあるクリエーター・アーティストたちに自由な活動を担保する文化的寄付金の慣習・制度として、可能性は充分にありうるものだと思います。それこそ、送る側がプレゼントしたいという欲求から喜んで捐てるものとして、文字通り、本来的な「喜捨」というべきなのかもしれません。

 もっと進んでいえば、宗教団体を設立して、クリエーターを宗教者と定義して、宗教団体の免税特権を利用して作品の購入ではなく、寄付行為ということにすべきではないかと思うのですが、理解を得ていくのは大変そうです。

|

« 妣が国の破れた扉・符合の魔術師のはじまり | トップページ | 倹約はエコじゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妣が国の破れた扉・符合の魔術師のはじまり | トップページ | 倹約はエコじゃない »